HOME>ホットトピックス>女性の場合、おりものが健康のバロメーターになる

目次

避妊に失敗したら

男女

避妊に失敗したり、コンドームを付けずに性行為をしたりすると、性病にかかる確率が高くなります。性病にかかってしまった場合、痒みや痛みなどを伴うことがあり、しかも他の人に移してしまうリスクも高くなります。もし、自分は性病になってしまっているのではないかと不安を覚えたときには、迷わずに婦人科などで性病検査を受けることです。簡単な検査をすれば、性病の有無を調べられます。

不妊の原因になることも

女医

女性の場合、性行為のあとに陰部が痒くなったり、おりものに変化が見られることがあります。特に、おりものの変化は放置してはいけないことです。おりものがカッテージチーズのようにポロポロとしていたり、強い臭いを発しているようであれば、それは性病の可能性が高いです。織物は、女性の健康のバロメーターとしての役割を担っています。そのため、おりものがいつもと違うようであれば、一度念の為に性病検査を受けてみることをおすすめします。性病検査というのは、性病の有無を調べるのに役立ちます。また、性病が発覚しても恥ずかしがる必要はありません。それよりも、性病を放置してしまうと、不妊の原因になることもあるのでとても危険です。

広告募集中