HOME>注目記事>躊躇してしまう性病検査を自宅でも可能になっている

自分で性病検査ができるキットもある?

性病検査のために病院に行きにくい、そもそも性病専門病院がないという場合などであっても、自宅に居ながら病院と同じレベルで検査が匿名でできるキットをインターネットを使って入手することができます。

性病の種類について

日本で一番多いクラミジア

クラミジアが、男性の場合には通常と違う違和感や尿道から膿や分泌液が出て、女性の場合にはおりものや増加や下腹部の痛み、不正出血といった症状がでます。

下腹部だけでなくノドにも感染する淋病

淋病は、男性の場合は尿道や肛門、女性の場合には子宮の入口に感染しますが、ノドにも感染します。

リンパ球が破壊されてウイルスやガンなど病気になりやすくなるHIV

発熱やノドの痛み、全身の倦怠感、筋肉痛や関節痛などの症状があり、免疫力が低下します。

症状が落ち着いてもしっかり治さないと数年後また症状がでることがある梅毒

初期症状は小さな硬いしこりができますが、時間が消えます。ところが全身に梅毒が運ばれると赤い発疹が発生し、感染後数年経つと、全身に硬いコブのようなものができることもあります。

かゆみや発疹などや痛みがあるカンジダ

性器周辺にかゆみや発疹、粘度が高い白いおりものが増えて、排尿痛や性交痛があり、男性の場合に尿道炎や亀頭周辺には赤みやただれなどがあらわれることがあります。

不安を解消する

カップル

いつどこで感染をするのか分からない病気はたくさんあります。不調を感じた際に気軽に検査を受けることができるのであれば、安心もできるでしょう。しかしどこで検査を受ければいいのか分からない疾患もあります。その代表的なものが性病検査でしょう。

対応をしているクリニック

医者

性病検査を受けたいと考えているのであれば、対応をしているクリニックをチェックしておくべきです。今はインターネットでも受診可能なクリニックの情報を簡単にチェックすることができるようになっているので便利です。プライバシーに配慮をしたシステムを取っているのかどうかも、事前に確認をすることができるようになっているので、安心をして受診をすることができます。不安も解消をさせることができるのでまずは受けてみるとよいでしょう。

感染拡大を防ぐ

医者と看護師

性病検査を受けて、性病だと診断された場合、早期に対応をすることも必要です。パートナーがいる場合には移してしまう可能性もあるので、出来るだけ早めに治療を受けて完治を目指すべきです。知らない間に感染をしてしまう、ということになると問題になることもありますし、不安要素となってしまうこともあるので、感染が確認された場合には出来るだけ早めにパートナーにも伝えておくべきでしょう。パートナーを不安にさせることは避けるべきです。

広告募集中