こんな症状が出たら性病にかかっているかも…?病院へ行こう!

性器の痛みが出たり、排泄や性交の痛み、全身にしこりや腫れ、発疹がでたとき、黄疸や発熱、ノドの痛みや下痢などが1か月以上続いたときの症状さらには、女性の場合にはおりものに異変が起きたといった、いつもと違和感があるときには性病にかかっている可能性もあります。

性病検査に関するよくある質問

自覚症状がなくても検査はできますか?

自覚症状がなくても検査が可能ですが、保険適用外で全額自己負担となります。料金は保険適用と比べると高めとなりますが、クレジットカードなどが使える病院が多くあります。

病院での性病検査は保険適用ですか?

多くの病院では自由診療です。保険適用外が多い理由として、匿名で受診が可能で、症状がでていなくても検査や治療を行うことができるなど多くのメリットがあります。

性病検査の注意点はありますか?

多くの病院では、自由診療となるため医療機関によって料金が異なります。事前に料金の比較をしておくことがおすすめです。

性病が心配だが、まとめて検査を受けることはできますか?

ひとつの性病検査だけでなく、病院によっては複数の性病検査をまとめてできるセットもあります。

性病検査を東京では保健所などでも匿名で検査することができると聞きましたが本当ですか?

性病検査は、病院だけでなく東京の保健所や検査室では匿名かつ無料でHIVや梅毒の検査を受けることが可能です。淋菌やクラミジア感染症の検査もできる保健所もあります。

性別によって方法が違う

男女

男性と女性では、性病検査方法が異なります。男性の場合には尿検査によって性病かどうかが判別できる場合があります。性病検査では、尿の中に含まれる菌をチェックすることによって性病にかかっているかどうかが分かる仕組みです。この検査では、淋病、クラミジア、そしてトリコモナスなどの病気を調べられるようになっています。他方、女性の場合には少し複雑な方法で性病の検査を行います。綿棒のようなものを用いて、おりものの状態を調べます。これは、東京の病院で行う検査方法なので、予約をしてから検査を受けることが好ましいと考えられています。検査では、膣の中に長い綿棒のようなものを挿入し、それによって粘膜に付着した菌を採取します。病院で検査を行う場合、必要に応じて膣の洗浄を受けることが可能です。そして、近頃はオーラルセックスによる性病感染が懸念されています。そのために、喉の粘膜の性病検査も広く行われるようになってきたのが着目すべき点です。

不安に感じたら早期に検査を

医者と患者

もしかしたら自分が性病にかかっているかも知れない、そのように感じた場合には、できるだけ早く病院で性病検査を受け、きちんとした治療を受けることが好ましいです。性病は早期に治療をすれば後遺症などもありません。しかし、性病というのは、放置してしまうと不妊症などの影響をもたらすことが考えられます。日本のような先進国であっても、東京で10代の性病の拡大が懸念されています。祖の背景には、性教育や性病に対する正しい知識が教えられていないことが関係していると言われています。性行為の際の避妊失敗や、オーラルセックスによって性病感染は起こりえます。こうしたことから、自ら進んで性病検査を受けることが、予防につながります。

広告募集中